PmG_FSI Logo.png

header_w_288.png

header_w_288.png

header_w_288.png

English

PALRO のことをもっと知りたい、あなたへ。PARLO Garden__G01.png

top.pngtop.pngkoseiteki.pngkoseiteki.pngtechnology_off2.pngtechnology_off2.pngdownload_off2.pngdownload_off2.pngfaq_off2.pngfaq_off2.pngPmG_Menu_Accessory_01b.pngPmG_Menu_Accessory_01b.png




icfスクショ.pngicfスクショ.png


おてがる愛CF


2018年度の介護報酬改定では、高齢者が
「自立・回復」できる施設が優遇されます。
このため、自立支援がどれだけ生活機能改善に
役立っているか定量的に評価する必要があります。
AMEDの実証実験でも利用されたICF
有効な評価観点ではありますが、評価項目は
約1500項目に及ぶ上、どれだけ改善しているかを
表現するには手集計が必要です。
これは、日頃の業務で多忙なスタッフの方々に
大きな負担となってしまいます。

この問題を解決するために、富士ソフトはICFに準拠して
簡単に計測できる「おてがる愛CF」を提供いたしました。


※「ICF」とは、International Classification of Functioning, Disability and Health(国際生活機能分類)の略で、WHO(世界保健機関)で1980 年に制定された「ICIDH(International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps・国際障害分類)」の改訂版です。「ICF」は 2001 年に制定され、正式名称は「生活機能・障害・健康の国際分類」といいます。障害に関することや、健康に関することなどを1424 項目に分類し、それらが複雑に絡み合って相互作用していると考えたものです。




「おてがる愛CF」は生活機能の改善を簡単に見える化します。



「おてがる愛CF」は、お手持ちのiPadやiPhoneでICFに基づいて
生活機能の改善を簡単に見える化することができます。

狙いを絞ったシンプルな評価項目
ICFで定義されている約1500項目のうち、
コミュニケーションロボットで効果が期待される項目だけに絞って
選択できるようにしました。
今まで難しかったコミュニケーション型介護ロボットを
ケアプランに組み込みやすくなります。

毎日の記録はほんの数秒
ご利用者毎に選んだ評価項目に対して、変化があった項目だけ変更。
それだけで毎日、確実に記録ができます。
特記事項は”気づきメモ”で記録。音声入力も可能です。

image4-1.png



すぐにグラフ化、変化が見やすい
改善の経過がすぐにグラフ化されます。
変化がわかりやすく、自立支援のための対策が打ちやすいことも特徴です。

image4-2.png

※ 新しい取り組みによる生活機能の改善効果を測定する場合には、取り組み開始前の測定対象者の状態変化傾向を十分に加味して、測定結果を評価してください。